歌い方

  1. 表現力を出すための歌い方を知りたいと思っている人は必見!②

    気持ちをこめて歌う。気持ちを声で表現する。その方法は前回お話した、「マインド」の部分、メロディーや歌詞のここが好きだとかこの曲の雰囲気が好きだという気持ちを込めることについてお話しましたが、今日はテクニック的な実践編ステップ3です。表現するのに必要なのは、楽譜より歌詞です。

    続きを読む
  2. 表現力を出すための歌い方を知りたいと思っている人は必見!

    ・歌が一本調子になってしまう。・何を歌っても同じ感じになってしまう。・歌手のように自分の歌で人を感動させたい。こんなお悩みをお持ちの方も多いです。そもそも表現するってどういうことでしょうか?まずは自分の一番好きな歌をご用意ください。

    続きを読む
  3. 歌のリズムが取れないのですが、良い方法はありませか?その②

    イントロや間奏から歌に入るタイミングがつかめない。歌っているといつのまにか伴奏とずれている。カラオケが普及して皆さん音程を取ることは本当に上手になってきてます。ですが、カラオケで歌っているとリズム感が育ちにくい!のです。

    続きを読む
  4. 歌のリズムが取れないのですが、良い方法はありませか?

    「リズム感がつかめない」皆さんが音楽を聴いたり誰かのライブを見に行った時、その音楽のどこに魅かれますか?「美しい音、声」「迫力ある演奏」「伝わる音楽だった」「グルーブにぞくぞくした」「リズムにウキウキした」ことってありますか?いや、感じているのかもしれません。

    続きを読む
  5. 高い声で歌う方法|3つのポイントを教えちゃいます

    1.のどの力を抜いて奥を上に引き上げるように開ける2.横隔膜のプレッシャーで声を飛ばす3.ハミングのラインに乗せて斜め上方向に飛ばす。1.ここが難しいと感じる人は多いと思います。プロで歌ってる方でも高い声を出す場合に喉を締めて歌う人は多いです。

    続きを読む
  6. 歌う時の高い声の出し方が上手く出せなくて悩んでいます。

    歌うのは好きなんだけど、高い声が出ない。無理に出すと喉が痛くなる。ぎりぎり鳥が首を絞められたような声で高音出して、それ以上は弱弱しい裏声になる。裏声が出ない。。。高い声についての悩みはきりがありません。ボイストレーニングの目的は高音が出せることだと言っても過言ではないほどです。

    続きを読む
  7. 音痴を改善したい!と真剣に悩んでいるならこの方法-その②

    前回の記事そもそも音痴ってどういう現象なのかがお分かりいただけたでしょうか?生まれつきのものではなく、音階に沿って「聴く力」を付ければ克服できるということです。前回の記事はこちら逆を言えば絶対音感だって生まれつきではありません。

    続きを読む
  8. 音痴を改善したい!と真剣に悩んでいるならこの方法-その①

    これについては連続でお届けします。本日は第1回目。「音痴なんです。歌うのが苦痛で」「音が合ってるのか合ってないのかわからない」「音の高い低いが分からない」とても多くの生徒様の悩みを聞いてきました。

    続きを読む
  9. きれいな声の出し方|歌う時の声の出し方でお悩みのあなたへ

    こんにちは!「楽シンガー」養成コーチ、mizです(^o^)今日は多くの方からよくお聞きする、「きれいな声はどうやって出すの?」に、じゃじゃ〜ん (^_−)−☆とお答えします!・きれいな声を出すための3つのポイントレッスン!①自分がきれいだなと思うシンガーさんの声を真似てみ...

    続きを読む
ページ上部へ戻る