「響き」こそ伝わる歌になる

歌う時に「響き」を意識していますか?

 

基本的な発声、音の出し方が分かったら、

身体をアンプにして音を増幅させる必要があります。

さらにエフェクトもかけていきましょう。

 

はい、
マイクに頼る前に身体でもっと音は作れるのです

 

そんな風に考えると分かりやすいと思いますが、

 

声を大きくしたい方は、力を入れるのではなく、

響きを増幅させるのです。

まず、サイレンのように「う~」で発声して低音から高音まで続けて出してみて下さい。

 

声が体を縦に走る感覚を持ちます。

お腹の底から頭上20センチくらいまでの縦ライン、

 

低音はお腹や胸あたり、

中音は口の前、

高音は眉間から頭上に

 

手を当ててビリビリと響くように発声します。

 

身体がアンプ状態なのを感じて下さい。

この響きを増幅していくと、

スタジオにあるドラムセットのシンバルが振動したり、
エコーのような余韻も生まれます。

 

サイレンで分かりにくい方は

口を軽く閉じてハミングで試してみて下さいね。

 

これも力を抜かないとできません。

 

ずっと以前、高名な先生に

「キミの歌には響きとグルーヴがないね」

と言われた私mizが、

そればっかり必死に練習し、

習得した効果的なやり方ですのでぜひやってみて下さい。笑

 

この響きの場所、

低音はお腹辺り、高音は眉間から頭上、

を意識して歌うだけで音域も広がります。

いつもより楽に高音が出ませんか?

 

私の生徒さん達もこれでキーが2つくらい簡単に上がります。

 

そしてリスナーの心にも響きますよ!

そんな効果いっぱいの

「響き」

ぜひゲットしてくださいね!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です