横隔膜の使い方

・高い声が出るようになったらいいな

・何曲歌っても声が枯れないようになりたい

・若くないし声が出なくなったけどもう一度歌いたい

 

正しく横隔膜を使った発声ができれば

それらは解決できます。

 

なぜなら、
私が全てクリアできたのだから。

 

時々、

「ボイストレーニングなんかしたら歌がつまらなくなる」

と考えている人がいますが、

それは誤解です!

そんなアドバイスをしてくる人の言うことも聞かなくていいです。

原因は発声ではないからです。

 

正しい発声が身に着けば、

声はより音域も広がり、響きを増します。

 

むしろ###name###さんらしい歌声がブラッシュアップされるのです。

 

何より歌うのが楽に楽しくなりますよ!

 

楽器のクオリティが上がれば演奏の幅も広がる

というものです。

 

さて、前回お話した

 

横隔膜を張る、お腹を張って発声する方法ですが、

 

簡単に体感できます。

 

トランぺッターになったつもりでほっぺたを膨らませて

息を「フッ」と強めに吐いてみて下さい。

 

その時お腹に手を当てておきます。

 

息を吐いた時にお腹が膨らみますよね?

 

それです。

 

横隔膜が張っています。

この時、

・みぞおちあたりが張っている

・咽頭が広がっている

 

感覚をよく覚えて下さい。

 

発声している時も同じ状態です。

 

ほっぺを膨らませたままトランペットの真似をして、
1曲歌ってみるのもおすすめです。

 

横隔膜を使う感覚が分かると思います。

喉や舌は脱力しているはずです。

歌詞を付けて歌う場合も同じ状態になるように、

繰り返し体感してみて下さいね。

 

ではでは、また。

 寒い今日もお疲れ様でした!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です