バンド活動は主婦に向かない?!

主婦から音楽活動に戻るのって、実はハードルが高いんです。

 

特にバンド活動は。

 

男性の方に想像して頂きたいのですが、

ご自分の奥様が子供を預けてバンドで歌っているのっていかがですか?

素直に応援できますか?

ご自身が音楽活動をされている男性だと全然平気!という方もいらっしゃるでしょうが、

 

全く音楽に無縁の方だと、かなり抵抗がある方も多いのではないでしょうか?

 

しかも自分が子供を預かるとなると、どうでしょう?

 

それには幾つか理由があります。

 

・バンドには男性が多い

・バンド活動は夜が多い

・お金がかかる

・休日に一緒に過ごせない事が増える

などなど。

自分が子守をしている夜間に、
奥様が全く知らない男性たちとライブで歌っている。。

それ以外にもリハーサルとか、
打ち上げで一緒に飲んだりすることもある。

 

そういう見方をすると、
正直、あまりいい気持にはならないし、かなり負担ですよね。

 

私自身も、

「そういう活動ができるのはご主人に理解があるから」

と散々周りに言われてきました。

 

これ、反対の事も言えます。

ご主人がバンド活動をしていて奥様が休日も一人で子育て。
バンドのボーカルとキーボードの方は若くて美人だったりする。
打ち合わせといいながら頻繁にLINE交換してる。
お金がかかる。

 

実際こういう所からのトラブルを私自身も、
周りのミュージシャンもいくつか体験してきました。

全く問題ないとは言い切れませんが、

 

私の感覚では、正直なところ、

私自身にとって音楽仲間はあまり異性という感覚がないです。

音楽仲間。それ以上でも以下でもない。

男性としてどうか、よりも、どんな演奏をする方か、
のほうにしか興味がありません。

きっと職場の人間関係やスポーツのサークル活動と同じです。

真剣にいい音楽を追及している仲間は皆さんそうだと思いますよ。

だって「歌いたい」のが目的ですもん。

いい演奏をする、お客さんを増やしたいほうにフォーカスしています。

ご家族に応援してもらえる、
仕事も家庭も音楽も、全てバランスよく活動できるようにするのが

音楽活動を続ける上での重要事項です!

そこが解決できずに活動を躊躇している方もいるのではないでしょうか?

 

そこに関して
私がやってきたこと、解決方法を今後もお話したいと思います。

お悩みの方はぜひご相談くださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です