アガらなくなる!5つのワーク(その4)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
主人公になり切って歌う
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「人前で歌ってもアガらなくなる!
マインドブロックを外して
歌も人生もオープンになる方法

おはようございます🌞

これ1人カラオケとかでやってる方は多いと思いますが、

私は小さい頃から趣味です笑

フィンガー5にはまって
サングラスとマイクが入った、
「アキラくん変身セット」を買ってもらい、
パンタロンにスカーフ、サングラスでアキラになり切って「学園天国」歌ってました。

妹にも無理やりタエコ役をやらせ、厳しく歌唱と振付け指導をし、

後にかなり苦痛だったと言われましたが笑

歳がばれますが‥。

青春時代に聴きまくったユーミンや聖子ちゃんも、部屋に籠って、

失恋した時は「翳りゆく部屋」や「瞳はダイヤモンド」を泣きながら歌ったり、

遠距離恋愛の時は「シンデレラエクスプレス」を泣きながら歌ったり、、
‥‥全部恋愛がらみで、泣きながらですね、、、笑(//∇//)

私は歌詞にめちゃくちゃのめり込むんです。

でも実はこれがすごく大切な事なんですよ。

歌い手にとって「歌詞」は命です。

ステージで1番大切な事は、発声やテクニックよりも

「歌詞を伝えること」なんです。

なぜなら、

お客様もそれが聴きたいから!

とっておきの練習方法があります。

まず好きな1曲を
自分なりの解釈で構わないので、
自分を主人公にして映画のシーンのようにリアルに想像して、ストーリーを作ってみて下さい。
いつもその想像の世界の中で歌うのです。

そして、メロディを覚える前に、歌詞を覚えて朗読するのです。

お客様に伝わるように大げさなくらいに感情を込めて朗読する。

外国語の歌ももちろんそうです。
アクセントやイントネーションも掴めます。

ある程度歌詞を覚え、朗読をこなしてからメロディーに乗せる練習をして下さい。

その時も映画の1シーンを想像しながら主人公になり切って歌います。

ステージでそれができたら、必ずお客様に伝わります。

そこに没頭できると表現力が増し、緊張しなくなります。

あなたでなく、お客様のほうが泣いてくれます。

ステージでどう歌うべきかが掴めて来ますよ。

さて、今日も1日Happyになりますように!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です