ブログ

ボーカルレッスンを受けていますが。。。

onchi

レッスンを受けているのに伸び悩んでいる。。。

前回のカラオケレッスンに続いて今日は「ボーカルレッスン」です。

歌のレッスンにもいろいろあります。

・カラオケレッスン

・ボイストレーニング

・ボーカルレッスン

・合唱系のレッスン

前回「カラオケレッスン」の所でも言いましたが、

自分が何を目的にどんなレッスンを受けたいか を考えて

照準をあわせてレッスンを選ぶことが大切です。

それに加えてとても大切なことは、

「この先生なら!」と思う人に習うことです。

同じレッスン、同じ先生でもいいと感じる人とイマイチと感じる人は必ずいます。

特に「歌」はピアノやギターなど楽器から音が出るのではなく、

あなたの身体を使って奏でるもの。

更にマインド、あなた自身をさらけ出して奏でるものでもあります。

楽器はあなたの中にあります!

 

身体の中の感覚をご自分で掴んで頂くことしかできません。

それを言葉やお手本を聴いて、ご自分で再現していただくしかないのです。

 

同じ言葉の説明でも「わかった」と思う方と「わからない」と思う方といて当然です。

あなたにとって この先生!という先生に出会うことも大切だと思います。

 

onchi

さて、今回は「ボーカルレッスン」

私のレッスンでも、ボーカルレッスンという形を取っています。

くわしくはこちらの記事にも書いています。

カラオケ採点ではな、く歌が上手くなりたい

 

楽シンガー養成レッスンでは、歌うのに大切なのは

楽器を作る「ボイストレーニング」だけではなく、楽器を演奏するための

表現力、テクニック、音楽知識など演奏力も必要です。多方面からの指導を総合して

ボーカルトレーニングと称しています。

 

そこをまずよく理解していただいて、つまずきがちなのは

・先生が毎回言うことが違う気がする

・何をやっているのか混乱してきた

・この先何を練習したらいいのか明確にわからない。

 

レッスンでは発声だけではなく演奏、表現の面からも指導することになりますので、

一度にいろいろ指摘を受けて陥りやすいのは

「混乱」することです。

 

「喉に力を入れないで」「リズムはもっと後ろで取って」「もっとのびやかに歌おう」

などなどピンポイントでアドバイスされると思いますが、

そこにピンポイントにだけ対処している、着眼しているとだんだん混乱してきます。

 

大切なのはいつも 歌を1曲、全体像として捉える!ということです。

 

そのためにピンポイントのアドバイスをもらっていると考えてください。

ピンポイントの発声もリズムもテクニックも合わさって出来た大きな流れで1曲の音楽が生れます。

混乱したら一度曲としての完成像を把握してください。

曲を俯瞰で見る のが大切です。

 

自分がこの曲を歌いこなすのに何が足りないのかが見えてくると混乱も解決してきます。

そして分からない時は何でも指導者に率直に聞きましょう!

お試し体験レッスンのご案内

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る