ブログ

腹式呼吸ってどうやるの?

IMG_5551

「歌うときの呼吸は腹式呼吸です!」

とボイトレの本などによく書いてあると思います。

確かにそうなのですが、

実際に歌っている時に腹式呼吸をどう使うのか分からない

というご相談もよく受けます。

そう!歌っているときにどう呼吸するか、ブレスするかを知ることが大切です!

一つずつ順を追って理解し、トレーニングすれば簡単にできますよ~。

まず、腹式呼吸をやってみましょう。

実はだれでも簡単にできる、というかやってるんですよ!!

試しに仰向けに寝て膝を立ててリラックスしてください。

そのまま深く呼吸します。お腹に手を当ててみてください。息を吸うとお腹が膨らんで
息を吐くと凹みませんか?

これが腹式呼吸です!

何度か意識してやってみたら立っても呼吸してみてください。
できれば鏡の前に立って肩が上下しないようにお腹の辺りだけが膨らんだり凹んだりするのを
確認しながら呼吸の練習をしてください。

585763

 

でも、どうして歌うのに腹式呼吸が必要なの?って思いませんか?

それにはまず腹式呼吸のメカニズムを知る必要があります!

大まかに言うと肺の上部を使うのが胸式呼吸、肺の下部を使うのが腹式呼吸です。

尚、ポップスを歌うときは息は口で吸って口で吐きましょう

 

胸式呼吸

胸式呼吸は肺の上部の呼吸は膨らむとあばら骨を押し上げ、肩も上がります。

日常は多くの方がこの胸式呼吸で生活しています。立位の時はこの呼吸が楽です。

ただ肺の上部しか使わないので呼吸が浅く、吸う息の量も少ないです。

 

腹式呼吸

これに対して腹式呼吸は肺の下部まで使います。深く肺の底を膨らませるように
空気を吸い込みます。

肺は下の方向に膨らみ、圧迫された内臓が押し出されるので腹部が膨らみます。

吸う息の量は多くなります。

歌うときに浅い呼吸で何度も息を吸いながら胸式呼吸で歌うと、歌う方も聴いてる方も苦しくなります。

たっぷり使って歌うと、ロングトーンも息切れせず聴き心地のよい歌になりますね。

ちゃんとブレスすべきところまで一息で歌えます。

それで歌うときには必然的に腹式呼吸になるのです!

 

更に、腹式呼吸を使うのはこれだけではないのですよ!

腹式呼吸で肺を下方向に膨らませてキープするのに使うインナーマッスルが「横隔膜」と呼ばれる
肺の下にある筋肉です。

じつはこの「横隔膜」こそが歌にとって一番重要な筋肉なのです!

今後もたびたび登場するのでよく覚えておいてくださいね。

腹式呼吸と横隔膜をうまく使うことが「いい声」を出すメカニズムなのです。

歌うときには横隔膜を使いながら腹式呼吸でブレスを取ります。

体感した方が早いので以下の手順でやってみてください。

1足を肩幅に広げ
2口を半開きにして歯に「スー」っと音がするように息を当てて吐く。
3この時おしりをしめる
4息を吐き切ったらおしりを緩める

歌っているときの体の状態は上記のとおりです。

鏡で見て肩や胸が上がっていなければ腹式呼吸はできてますよ!

お試し体験レッスンのご案内

関連記事

ページ上部へ戻る