ブログ

歌が上手くなるためにどんなトレーニングをすればいいですか?

traning

よくお問い合わせ頂く内容です。
的確に最短で上達を目指すならぜひ「楽シンガー養成レッスン」に来て
頂きたいですが笑 毎日自宅でできることを書いてみたいと思います。

主に歌に必要なのは、「声帯」と「横隔膜」です。どちらも筋肉です。
筋トレのつもりで毎日の積み重ねが大切です。

・吹き矢を吹くように、歯に「スッ」と音を立てながら息を当てます。50回から100回くりかえしましょう。
みぞおち辺りの筋肉が動くのを感じると思います。これが横隔膜です。
・サイレンをイメージして「うー」で低い音(お腹の底を意識して)から高い音(頭の上)まで身体の中を縦に音が走るのをイメージしながら発声します。力はどこにも加えない。喉に力を入れない。20回くらい
・好きな歌を10回は歌う。高い音でも喉に力を入れない。

とりあえずこれをやってみてください。歌で使うのはインナーマッスルです。
過度な腹筋運動よりも呼吸を取り入れた腹式呼吸で横隔膜を鍛えるほうがいい声に繋がります。

歌っているときに喉はリラックスして口の奥が開いていて、お腹の中、横隔膜がピンと張ってる感覚が正しく発声されている状態です。

肩や顎、喉の奥に力が入って閉まっているような状態は声帯を痛めてしまいます。
とにかく脱力して歌う所から始めてみてください。

お試し体験レッスンのご案内

関連記事

ページ上部へ戻る