ブログ

カラオケのしゃくりのやり方をマスターしよう!(実践編)

tanki

あくまでこれは私の解釈、実践方法ですが、これで大抵上手く歌えます。

しゃくりには(低音からポルタメントして歌う方法)大きく2種類あります。

しゃくり幅を大きくゆっくりとるものと
小さく早くとるものがあります。

まず、大きくゆっくりとるものとしては、

譜面1つ前の音から次の音までをなだらかにすくい上げるように繋げて歌います。例えば美空ひばりさんの「川の流れのように」のサビ最初「あ〜あ〜」の部分。です。

小さく取るものとしては、

メロディの1音下、半音下から素早くしゃくってアクセントを付けるように歌うやり方です。演歌や洋楽にもよく使われます。

お試し体験レッスンのご案内

関連記事

ページ上部へ戻る