ブログ

歌のリズムが取れないのですが、良い方法はありませか?

tanki

「リズム感がつかめない」

皆さんが音楽を聴いたり誰かのライブを見に行った時、
その音楽のどこに魅かれますか?
「美しい音、声」「迫力ある演奏」「伝わる音楽だった」

「グルーブにぞくぞくした」「リズムにウキウキした」ことって
ありますか?

いや、感じているのかもしれません。
これまで、10年以上指導していて、たくさんのライブに行って思うのです。

日本人はリズムで音楽を楽しむ人が少ない!と。

面白いもので若い方やお子さんはだんだんと「リズムで楽しむ」人が増えてます。
音楽的にも現在リズム重視のものが増えていることもありますね。

年配の方に多い「リズムで音楽を聴く、感じる」楽しさが分からない人には理解できないことなのです。
例えばRap。言葉をリズムに乗せる楽しさで感じる音楽です。
レゲエだって繰り返されるリズムのグルーブがここちよい音楽です。

いやいや音楽には全てそれぞれのリズムやグルーブがあるのです。

それを感じてこそ歌が生きてくるのです。美しい声や音程の安定と同じくらい大切なことなんですが
見落とされがちです。

特に英語の歌ではこのグルーブ感があるだけでプロ級と言われるかもしれません。

逆を言えばいくら発声が素晴らしくてもリズム感が出せなければもの足りません。

何が悪いかわからないけど、何かうまくいかないと感じている方は、実はこのリズム感でつまずいている
ことが多いです。

先日、シニアの方たちのカラオケ大会の審査員を務めた際もほとんどの方がカラオケのリズムと合っていませんでした。

イントロ後の入りが分からない。間奏後の入りが分からない。
なんか伴奏とずれてしまう。。。

次回はそのワケとトレーニング方法についてお話します。

お試し体験レッスンのご案内

関連記事

ページ上部へ戻る