ブログ

音痴を改善したい!と真剣に悩んでいるならこの方法-その②

onchi

前回の記事そもそも音痴ってどういう現象なのかがお分かりいただけたでしょうか?
生まれつきのものではなく、音階に沿って「聴く力」を付ければ克服できるということ
です。
前回の記事はこちら

逆を言えば絶対音感だって生まれつきではありません。幼少(10歳までと言われていますが)期に
ピアノ(多くはピアノでトレーニングします)の音階をインプットするトレーニングをして音感を
見に付けていくことなんです。つまりピアノを脳にインプットするような作業ですね。音痴を克服
するにも、私はこの方法を取ります。残念ながら絶対音階は大人になってからは着きませんが、ある
程度の音感(音程が分かる聴覚)は身についてきます。

具体的なその方法ですが、、

ピアノの音(無料アプリもあります)をまずよく聞いてから、同じ音程の声を出してみます。
この時、鍵盤で「ド」を弾いたときは発声も「ド~」で歌います。これを1オクターブ
ドレミファソラシド(まずは黒鍵なしで)繰り返しやってみてください。

鍵盤の「ドレミファソラシド」の位置はネット等で確認してください。声が鍵盤と合ってるかどうかが掴めない方は
ご家族にこっそり聞いてもらうなどしてみてください。

それも恥ずかしい方はぜひ「楽シンガーコーチ」の私のところへこっそりレッスンにいらしてください。
秘密厳守します。(レッスンを受けてくださる方にはご自宅で練習できる音痴克服CDをプレゼントしております)

これを繰り返しながら、カラオケの音源もまずはガイドボーカルを入れてその音に合わせて歌う練習をしてみてください。
やがて自分で音程の判断ができると思います。

音痴克服したら「楽シンガー」ライフが待ってますよ!

お試し体験レッスンのご案内

関連記事

ページ上部へ戻る