ブログ

きれいな声の出し方|歌う時の声の出し方でお悩みのあなたへ

img_3417-1

こんにちは!
「楽シンガー」養成コーチ、mizです(^o^)

今日は多くの方からよくお聞きする、

「きれいな声はどうやって出すの?」

に、じゃじゃ〜ん (^_−)−☆とお答えします!

・きれいな声を出すための3つのポイントレッスン!

①自分がきれいだなと思うシンガーさんの声を真似てみる。

②おでこに響かせるようにハミングで発声してみる。

③自分の声を録音して繰り返し聞いて理想の声に近づける。

さあ、それではレクチャーです!

①人によって「きれいだな」と思う声って違います。

のびやかな高音でクリアな声
ハスキーで切なく響く声
パワフルでアタックの強い声
ソウルフルな重低音を感じる声

鳥肌が立つほど素晴らしい歌声でどうやったらあんな声が出るのだろうと思う方も多いと思います。

上記の声に共通しているのは「話す時の声とは違う」ということです。

よく「声を変えたいんです」とレッスンに来られる方がいらっしゃいますが、そうおっしゃる方の多くは 普段話すままの声 で歌ってしまっていることが多いのです。

声自体を変えるのがボイストレーニングではありません。

「歌う声を出せるようにする」

            のがボイストレーニングです!

あなたの声のままでできるんですよ!

ただ、話す声のまま力を入れて歌っていてはきれいな声も、音域も、声量もゲットできません。

きれいな声、歌う声を作るには重要なポイントがあります。それが、

「ハミング」 鼻歌です!

それでは具体的な実践レッスン②をやってみましょう!※今回は基本的な中音の出し方をやってみます。

・口や喉の力を抜いて、鼻からおでこに抜けるイメージでハミングを響かせます。
・ハミングは眉間に集めます。

・さらに眉間から遠くに飛ばすように響かせます。目線は斜め上の遠くの方を見て。

・ハミングの響き、ラインに乗せるように「うー」出来たら続けて「あーえーいーおーうー」全ての母音でやってみて下さい。

これを繰り返しトレーニングします。

具体的なトレーニング方法を動画でご覧ください!

③自分の声を録音しながらやってみてください。そして聴いてみてください。

理想の声になるまで 聴く、歌う、を繰り返してください。

自分の声を聴いて確認しながら練習するのが大切です。

今日レクチャーしました「ハミング」は歌うのにとても大切なポイントです。

日ごろからたくさん鼻歌を歌ってハミングを鍛えてください。その際も力は入れず、響きを体で感じることが大切ですよ。

Let’s try!

お試し体験レッスンのご案内

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る